GPSを使った浮気調査の流れ

GPSを利用して彼氏を追跡することで、浮気相手との密会場所などを大まかに把握することにつながります。

GPSアプリは、必ず彼氏の許可を得てからスマートフォンにインストールするようにしてください。無許可でインストールした際には、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」「不正指令電磁的記録に関する罪」に問われる恐れがあるためです。

ここでは、探偵によるGPSを使った浮気調査の流れについて解説していきます。

1.GPS機器を設置する

まず最初に、GPS機器を彼氏の持ち物に設置します。普段から持ち歩くカバンなどに忍ばせられるのがベストですが、見つかりやすいリスクも存在します。中でも定番なのは、自家用車への設置です。

自動車へのGPS機器の取り付けは、車体の下部やトランクルームが選択されます。車体の下部への設置は、走行中に外れない位置に固定することがポイントです。他には、エンジンルームやシートのスキマなども設置場所の候補となります。

2.位置情報のチェック⇒尾行

GPS機器を無事取り付けることができましたら、次は位置情報のチェックです。いくつか彼氏が立ち寄りやすい場所の候補が集まりましたら、尾行へと移ります。同時にGPSからの位置情報収集も引き続き行い、より精度の高い情報の入手につなげます。

3.尾行⇒張り込み

GPS機器から集めた位置情報と尾行の結果、浮気相手との密会現場が特定された際、張り込みに入ります。彼氏と浮気相手のラブホテルやシティホテルへの入退場の画像や映像を撮影し、不貞行為の証拠として使用するためです。